Square(スクエア)の新キャンペーンがおススメ。2つのキャンペーン内容を詳しく解説します。

square_new_campaign-eyecatch

モバイル決済サービスを導入するタイミングってうっかり逃してしまいがちです。

イベントに合わせて・・・と考えていたら、イベント出店の直前は準備が忙しくて、導入どころではなくなった方も多いのではないでしょうか。

そんな方に私がおススメする『モバイル決済の導入タイミング』は、お得なキャンペーンに合わせること。

実は、『Square(スクエア)』が、2019年3月26日から新型のカードリーダー発売と合わせて、お得な新キャンペーンを開始しました。

さらに2019年5月からSquare(スクエア)は、キャッシュレス・消費者還元事業の決済事業者に登録されたので、対象事業者であれば、『決済端末0円キャンペーン』の代わりに『キャッシュレス・消費者還元事業』へ参加申し込みすることでさらにお得になります。

キャッシュレス・消費者還元事業についてはこちらで詳しく紹介していますので参考にしてください。

mobilepay-policy2019_eyecatch消費税率アップをモバイル決済で乗り切る!『キャッシュレス・消費者還元事業』の解説と大手4社の対応まとめ

『Square(スクエア)』は、個人事業の方や、私のようなハンドメイド作家さんにおススメなモバイル決済サービスです。私も実際に利用しているので間違いありません。

今なら、そのお得なキャンペーンが期間限定で展開されているので、『Square(スクエア)』のカード決済を導入するならベストのタイミングだと思うんです。

ミケ

私も今のキャンペーンに適用して始めたかったにゃ。

そこでこの記事では、『Square(スクエア)』のカード決済の導入を検討されている方に向けて、2019年5月から適用されているるキャンペーンについて詳しく解説したいと思います。

とてもお得なキャンペーンですが、他のサービスのキャンペーンと比べて、少し手続きが複雑だったり適用条件に注意した方が良い部分もあるので、よく確認してから申込みをしてくださいね。

Square(スクエア)の新キャンペーンはおススメです

Square(スクエア)の新しいキャンペーンがおススメな理由は、2つのキャンペーンが同時に展開されていて、新規アカウントを登録すれば両方のキャンペーンともエントリーできちゃうことなんです。

それぞれのキャンペーンについて、概要を説明するよ。

トラ

新型のSquareリーダーにキャンペーンが適用される

Squareキャッシュレス・消費者

ひとつめのキャンペーンは、『キャッシュレス・消費者還元事業』への参加です。

2019年10月1日からの消費税率引き上げに伴って、経済産業省がキャッシュレス・消費者還元事業を実施します。
Square(スクエア)はその決済事業者に登録されたので、Squareのサービスを利用している事業者が、キャッシュレス・消費者還元事業に参加申請して登録されれば、国の補助を受けることができます。

具体的に、中小の事業者がSquareのサービスを導入してキャッシュレス・消費者還元事業に参加登録すると、以下のようなメリットがあります。

  • 無料で新しいSquare Readerを導入できる。
  • クレジットカード5ブランドの決済手数料3.25~3.95%が2.16%に。
  • Square請求書の決済手数料3.25%が2.16%に。
  • 消費者へ5%ポイント還元されるので販売促進に。

このメリットは、通常のキャンペーンとは違ってキャッシュレス・消費者還元事業の対象となる事業者であれば、Squareに新規でアカウント登録した方だけでなく、Squareの既存ユーザーも補助を受けられます。

詳しくは、こちらの記事で参加手順と一緒に解説していますので、参考にしてくださいね。

square-policy2019-eyecatchSquare(スクエア)でキャッシュレス・消費者還元事業に参加申請!新型カードリーダー入手までの手順ガイド

square_campaign_01

キャッシュレス・消費者還元事業の対象ではない事業者の場合は、『決済端末実質0円キャンペーン』が適用されます。

今までと同じように、Squareのカードリーダーの購入代金がキャッシュバックされるキャンペーンですが、今回はそのお得感が違います。

2019年3月26日から発売された新しいSquareリーダーに対してキャンペーンが適用されるところがポイント。
今までのカードリーダーは、税込4,980円だったのに対して、新しいカードリーダーは税込7,980円なので、金額にすると3,000円お得です。

新しいカードリーダーは、クレジットカードが挿し込み式になったので、今までのカードリーダーよりも大きくなりますが、オシャレでスマートなデザインは踏襲されていて、もちろん価格分の機能もアップされています。

  • スマホやタブレットとBluetoothでワイヤレス接続
  • 専用ドックを使えば充電しながら決済可能
  • 電子マネー決済にも対応予定

今までのカードリーダーでデメリットと感じていた部分は、この新しいカードリーダーの機能アップで解消していますので、これが実質0円で手に入るならとてもお得です。

ミケ

私もできるだけ早く入手したいと思っているのだにゃ。

決済手数料が無料になる新しいキャンペーンが適用される

square_campaign_02

もうひとつのキャンペーンは『決済手数料タダではじめようキャンペーン』です。

このキャンペーンは、クレジットカードの決済額が30万円分になるまで、決済手数料が無料になるというキャンペーン。
他の大手モバイル決済サービスでは実施していない斬新なキャンペーンです。

Square(スクエア)のカード決済サービスは、初期費用や維持費用などほとんどの費用が無料ですが、唯一、お金がかかるのが決済手数料です。

決済手数料は、カード決済で売上が発生したときしかかからないし、JCBカードなら3.95%,それ以外のカードなら3.25%なので、それほど大きな金額ではありません。

ですが、チリも積もれば山となる。
それがキャンペーンで適用される30万円分ともなれば、全てJCB以外のカードで決済したとしても9,750円分が無料になる計算ですから、ぜひとも活用したいですよね。

2つのキャンペーン詳細解説

では、Square(スクエア)のお得なキャンペーンについて詳しく内容を見ていきましょう。

キャッシュレス・消費者還元事業については、別の記事で詳しく解説しているので、ここでは「決済端末実質0円キャンペーン」と、「決済手数料タダではじめようキャンペーン」について解説します。

ふたつのキャンペーンは、それぞれのキャンペーンで適用期間や適用条件も異なるので、導入される場合は両方のキャンペーンとも、きちんとチェックしてくださいね。

決済端末実質0円キャンペーン

Square(スクエア)の新型カードリーダーの購入代金がキャッシュバックされて、実質無料になるキャンペーンです。
内容を表にまとめてみました。

キャンペーン名 決済端末実質0円キャンペーン
キャンペーン内容 リーダー購入代金(1台分7,980円)がキャッシュバック
キャンペーン期間 2019年3月26日(火) 〜 キャンペーン用リーダー在庫がなくなり次第終了
適用条件 対象者 新規アカウント登録者で公式オンラインショップからSquareリーダーを購入した方
適用期限 新規アカウント登録から90日以内
達成条件 適用期限までにカード決済(テスト決済除く)して、キャッシュバック申請を完了

このキャンペーンで注意しておきたいポイントは、適用期限と達成条件です。

今回のキャンペーンの適用期限は、「新規アカウント登録から90日以内」で、今までの14日以内に対して緩和されました。

私がキャンペーンを適用したときは14日以内だったので、うっかり数日のあいだ忘れてしまったり、1回で審査に通らなかったりすると失効してしまう場合もありそうな日程だったんです。
でも、90日以内に緩和されたので、よほどのことが無い限りは十分な日程が確保されていると思います。

また、達成条件は今までと同じなので、少し手続きが面倒に感じると思います。
私がキャンペーンに適用したときの経験をもとに、こちらの記事でまとめていますので、必要に応じてチェックしてください。

square-campaign-eyecatch【2019年3月末更新】Squareリーダーがキャッシュバックで実質0円になる!お得なキャンペーン適用ガイド

決済手数料タダではじめようキャンペーン

カード決済するときに支払う『決済手数料』が、30万円分に対して無料になるキャンペーンです。
さきほどと同じように表にまとめてみました。

キャンペーン名 決済手数料タダではじめようキャンペーン
キャンペーン内容 カード決済額30万円分に対する手数料が無料
キャンペーン期間 2019年3月26日(火) 〜 2019年6月30日(日)
*キャンペーン予算がなくなり次第終了
適用条件 対象者 新規アカウント登録者
適用期限 手数料無料分が付与されてから60日間
達成条件 本キャンペーンの審査に通過

このキャンペーンで注意しておきたいポイントも、適用期限と達成条件です。

適用期限は、達成条件を満たして手数料無料分が付与されてから60日間で、アカウント登録からではありませんので注意が必要です。
キャンペーンの審査に数日かかる可能性もあるので、イベント出店など無料分を適用したい日の直前にアカウント登録すると適用されない可能性があるので、適用したい日がある場合は、アカウント登録から少し日数に余裕をもった方が良いでしょう。

また、達成条件は、本キャンペーンの審査通過となっており、残念ながら審査内容は分かりません。
おそらく、加盟店審査を通過できれば一緒に適用されるのではないかと思うので、まずは申し込んでみたら良いと思います。

まとめ:キャンペーンを確実に適用するために。

この記事では、『Square(スクエア)』のカード決済の導入を検討されている方に向けて、2019年3月26日から適用される新キャンペーンについて解説してきました。

2019年5月から適用されるキャッシュレス・消費者還元事業への参加に関しては別の記事で解説しているので、ここでは「決済端末実質0円キャンペーン」と、「決済手数料タダではじめようキャンペーン」について解説しています。

新キャンペーンは、Squareの新型カードリーダー(7,980円)の購入代金がキャッシュバックされて実質無料になるキャンペーンと、カード決済したときの決済手数料が30万円分に対して無料になるキャンペーンの2つのキャンペーンが両方ともエントリーできるお得なキャンペーンです。

だから、もしもSquare(スクエア)のカード決済サービスの導入を検討されているなら、このキャンペーンが適用される期間内にアカウント登録するのが特におススメです。

但し、キャンペーンを確実に適用するために以下のことによく注意して申込みましょう。

  • それぞれのキャンペーン期間が異なるので早めにエントリーする
  • 適用期限があるので、Squareからのメールを常にチェックして早めに対応する
  • 適用条件や適用の手順が少し煩雑なので、キャンペーン参加規約をよく読む

ミケ

うっかりして適用できなくなったらモッタイナイもんにゃ。