『カード決済のSquare(スクエア)』のサービス内容とメリット・デメリットを解説します

square-service_eyecatch

年に数回しかイベントに出店しないハンドメイド作家さんでも、カード決済を導入したいと考えている方は多いのではないでしょうか?

ミケ

私も普段はネットショップで作品を販売しているハンドメイド作家ですが、ときどき出店するイベント出店の時だけカード決済ができたら良いなあ。と思ってたんだにゃ。

でも、イベントには年に数回しか出店しないし、そのためにカード決済を導入するのって面倒臭そう。

と思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方におススメなのが『モバイル決済』サービスです。
「モバイル決済って何?」という方は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

whats-cardpay-eye_catchイベント出店にも。スマホでカード決済ができる『モバイル決済』とは?メリットとデメリットは?

そのモバイル決済サービスの中でも、最もシンプルで簡単に導入できるサービスが『カード決済のSquare(スクエア)』です。
今まで「使う機会が少ないから」とあきらめていたハンドメイド作家さんも、はじめてクレジットカード決済を導入するのにおススメのサービスなんですよ。

この記事では、そんなSquare(スクエア)のサービス内容やメリット・デメリットまで詳しく解説したいと思います。
これを機会にSquare(スクエア)のサービスに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

Square(スクエア)のカード決済サービス概要

まずは、Squareのカード決済サービスについて基本情報についてみてみましょう。

Squareはクレジットカード決済に特化しているモバイル決済サービス。個人で利用しているスマホやタブレットを使って、簡単にカード決済ができるようになります

初期費用 無料
カードリーダー代金 税込4,980円(キャンペーン適用で実質無料)
導入日数 最短当日
維持費 無料
決済手数料 3.25~3.95%
対応クレジットカード VISA, MasterCard, American Express, JCB, Diners Club, Discover
対応電子マネー 不可
対応QRコード 不可
入金手数料 無料
入金サイクル 最短翌営業日
対応端末 iPhone, iPad, Android

Square(スクエア)のサービスは、初期費用や維持費は無料ですし、カードリーダーの代金もキャンペーンを適用するとキャッシュバックされて実質無料となるので、決済手数料以外に費用はかかりません

主要なクレジットカードには全て対応しているし、その決済手数料もかなり低いレベルです。

とはいえ、それは他のモバイル決済サービスでも同じくらいですし、Squareはクレジットカード決済に特化している分、電子マネー決済やQRコード決済に対応していないので、逆にお得感が少なく感じられるかも知れません。

でも、Squareのサービスには、概要を示した基本情報の表では分からない特徴やメリットがたくさんあるんです

ミケ

一覧表だけでは分からないとこって、私は大事だと思うにゃ。
特に、個人で商品を販売している人にとっては、他のモバイル決済と比べても嬉しいメリットが多いと思うよ。

トラ

他のモバイル決済サービスとの比較は、こちらの記事で詳しく記載していますので、参考にしてください。

compare-makers-eyecatch【2019年7月30日更新】個人事業主でも導入できるモバイル決済サービス大手4社の特徴を比較します

Square(スクエア)の特徴とメリット

具体的に個人で商品を販売している人に嬉しいカード決済サービスって、どのようなものなのでしょうか?

私もそうなのですが、個人で商品を販売している人って、『お金が無い』『時間が無い』『信用が無い』の無いものづくし。
Squareのサービスは、そんな方にこそおススメと思える特徴やメリットがたくさんあるんです。それらを厳選してお伝えしていきますね。

決済手数料以外は全ての費用が無料

Squareは、どんな事業者に対しても、決済額に対する手数料以外の費用は全て無料です。

他にも導入・維持費が無料のモバイル決済サービスがありますが、その内容を詳しく確認すると、、、

入金に対する振込手数料やサービスの解約手数料など、実際に使ってみるまでは分かりにくい費用がかかったり、費用が無料になるための売上金額や期間などに制限が設けられていたりします。

こういうのって、小さなお店にとっては思わぬ痛手で、『どうして導入する前に気付かなかったんだろう』と後悔するハメになったりしますよね?

でもSquareは、そのような費用が発生することはありません。ということは『カード決済の売上がなければ費用は全く発生しない。』ということなんです。

ミケ

私は実際にSquare(スクエア)のサービスを導入したけど、決済しなければ何もお金はかかってないにゃ。

詳しくはこちらの記事も見てくださいね。

money-eyecatch-02モバイル決済にかかる費用はどれくらい? 導入・利用・維持にかかる費用調査

お得なキャンペーンを展開している

Squareは随時お得なキャンペーンを展開していて、導入時に活用することができます。

現在は、2019年3月26日~6月30日の期間限定で、カード端末が実質無料で手に入るキャンペーンと、カード決済手数料の無料分が手に入るキャンペーンを実施中です。

こちらの記事で詳しく説明していますので、良かったらチェックしてくださいね。

square_new_campaign-eyecatchSquare(スクエア)の新キャンペーンがおススメ。2つのキャンペーン内容を詳しく解説します。

しかも、このふたつのキャンペーンは併用できるので、かなりお得なんです。

square_campaign_01
square_campaign_02
新規の方!カードリーダーを実質無料でゲットできるキャンペーン中!月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。
今ならカードリーダー7980円分がキャッシュバックで実質無料に。


Squareを導入するとき、唯一購入しなければならないカードリーダーですが、キャンペーンを適用すれば実質無料になります。

ミケ

私もキャンペーンを適用して導入したけど、ちゃんとキャッシュバックされて実質無料になったにゃん。

サービスの申込みがインターネットで簡単にできる

Squareの導入は、インターネット上でたった3つの手続きをするだけで完了できます。

  1. Squareのホームページからアカウント登録
  2. スマホやタブレットにアプリのダウンロード
  3. 専用のカードリーダーの購入

その手続きはこの3つだけ。

それぞれの手続きはどれもインターネット上で終わらせることができるので、手間がかかりません。マークシートのように該当するところを選択していくだけなので迷わずに進められます。

ミケ

私はひとつひとつゆっくり進めたけど、それでも10分くらいで終わったにゃ。
事前に必要な情報をきちんと準備していれば、審査もすぐに終わって使えるようになるよ。

トラ

『Square Reader』がオシャレで『POSレジ』アプリが便利

Squareでは、専用のカードリーダー『Square Reader』でお客様のカード情報を読み取り、スマホやタブレットにダウンロードした『POSレジ』というアプリを使って決済をします。

Square Reader

Squareのカードリーダーは、シンプルで簡単であることを追及しているので、他のモバイル決済のカードリーダーよりもシンプルでスマートです。

2019年3月26日に新型のカードリーダーになりましたが、シンプルでスマートな形状はそのままで、ワイヤレスでより決済が簡単になるし、今後は電子マネー決済にも対応予定で機能も充実です。

Squareの公式HPから画像をお借りすると、そのスマートさは一目瞭然。オシャレですよね。

Square_reader_new

Square Readerの特徴
  • 販売価格は7,980円で他のサービスよりも安価。(今ならカードリーダー代7,980円をキャッシュバック中!
  • 小型でスマートだから、場所を取らないし持ち運びにも便利です。
  • クレジットカードを挿し込むだけ。電子マネー決済にも対応予定。
  • スマホやタブレットにワイヤレスで接続。難しい設定は一切不要で使えます。
  • iphone,ipad,Android端末に対応しているので、手持ちのスマホやタブレットでも使えます。
  • 強固な業界最先端のセキュリティが組み込んであるので、安全・安心です。

ミケ

私はイベント出店で使いたいので、カードリーダーが、場所を取らず持ち運びにも便利なことは、とても嬉しいにゃ。

POSレジ

そして、スマホやタブレットにダウンロードする『POSレジ』というアプリも優れもの。

スマホやタブレットを『レジ』として使いながら、クレジットカードの決済ができるようになります。

『POSレジ』はSquareを申し込んでアカウントがあれば、無料でダウンロードできます
無料ではありますが、設定も操作も直感的に使えるとても使いやすいアプリとして評価が高いです。

しかも、「いつ」「何が」「いくつ」「いくら」で売れたのかも集計できるので、これらのデータで売上分析もできるんです。

入金サイクルが早いので現金感覚で運用できる

Squareの入金サイクルはとても早くて、入金口座が三井住友銀行かみずほ銀行なら、決済後の翌営業日には入金されます。

その他の金融機関でも毎週金曜日に入金されるので、遅くても毎週現金を回収できるということですね。

また、国内の全ての金融機関に対応しているので、『週に1回入金してもらえればOK。』という方であれば、新しい銀行口座を開設する必要も無いんです。

ミケ

少ない現金で資金繰りをしているハンドメイド作家さんにとって嬉しい仕組みだにゃ。

ユーザー目線のサポートが充実

Squareでは、土日・祝日も10:00~18:00でフリーダイヤルのサポートがあります(但し、年末年始・臨時休業日除く)。また、メールフォームからのお問い合わせは随時受付してくれます

でも、そんな必要がないくらいサポートページのコンテンツが充実していますので、電話でお問い合わせすることはあまりなさそうです。

また、コミュニティで先輩ユーザーに解決方法を聞いたり、ブログでSquareの活用方法やビジネスアイディアについて学ぶことができたりします。

特にブログの内容はサポートページで足りない部分をしっかり補っているので、必見の価値ありだよ。

トラ

ミケ

困ったときの対処方法がたくさんあると安心だにゃぁ。

Square(スクエア)のデメリット

一方で、Squareも『クレジットカード決済をシンプルで手軽に利用できる』ことに特化したサービスであるために生じてしまうデメリットが幾つかあります。

サービスを導入する場合は、これらのデメリットには十分注意して決めてくださいね。

暗証番号入力に対応していない

Squareのカードリーダー『Square Reader』は、オシャレでスマートな反面、暗証番号の入力機能がありません。カードの本人確認はサインのみです。

そのため、お支払いに時間がかかるので、お客様の購入間隔が短くお支払いに並んでしまうような販売には向いていません。

電子マネー決済やQRコード決済にまだ対応していない

Squareは、カードリーダーは新型になって電子マネー決済には対応予定ですが、いますぐ使えるわけではありません。また、QRコード決済には対応していません

最近、少額のお支払いにはSuicaなどの交通系電子マネーで決済する人が増えていますし、アジア圏ではQRコード決済が普及しています。

数百円程度の安価な作品をたくさん扱っている場合は電子マネー決済が使えた方が良いですし、海外のお客様が多い場合は、QRコード決済に対応していた方が良いので注意が必要です。

分割払いに対応していない

Squareの決済は、一括払いのみで分割払いには対応していません。

数十万円もするような商品を扱っていると、分割払いを希望するお客様もいらっしゃると思いますので、高額な商品の販売には向いていません。

ミケ

私の商品は、あまりデメリットの影響を受けないので、Squareのカード決済はとても魅力的だにゃ。

Squareのカード決済サービスまとめ

この記事では、Squareのカード決済サービスについて、その内容とメリットやデメリットを説明してきました。

Squareはクレジットカードの決済に特化していることが特徴です。だから、シンプルで手軽に使えることがメリットとなる反面、決済の種類や方法が制限されてしまうことがデメリットになります。

『商品の価格とお客様の買いやすさを考えるとカード決済だけあれば十分。売上はまだ少ないけれど、新規にモバイル決済を導入したい。』

という方にはピッタリのサービスではないでしょうか?

ミケ

私でも簡単に始められて嬉しいにゃ。
モバイル決済初心者のミケにはシンプル・簡単は必須条件だね。

トラ

モバイル決済は、お客様の買いやすさを高めることで、簡単に売上アップにも繋げることができるサービスです。Squareは、今ならキャンペーンでカードリーダーのキャッシュバックもあるから、費用0円ですぐに利用できるようになります。

この機会にSquareのクレジットカード決済を導入してみてください。